一からオフィスを建設するメリット

賃料の負担がなくなる

自営業をスタートさせる時にオフィスを構える場合、賃貸ではなく建築するメリットは賃料の負担がなくなることです。賃貸は毎月賃料を支払うことになるので、契約を続ける限り負担が続きます。先のことはわからないとしても、現時点では長期的に契約するつもりなら建築することをおすすめします。建築する時は土地や建物の代金を支払うことになるものの、一時的な負担で済みますし、毎月の賃料は発生しません。また、ローンを利用して建築したとしてもいずれは完済しますし、土地や建物は資産になるので不要になった時は売却して手放すだけです。ビジネスが好調でしっかりと利益を出せているならローンは毎月の返済だけではなく、繰り上げ返済を検討できるでしょう。

理想的な間取りや設備を実現可能

間取りや設備など理想的なオフィスを実現できることは、一から建築するメリットです。賃貸やすでに完成しているオフィスは理想に近い物件があれば良いですが、見つからない可能性はあります。しかし、建築は思い通りにできることが多いため、快適に仕事ができるオフィスに仕上げられるでしょう。ただ、理想を追求し過ぎると当初よりもコストがかかったり、完成するまでに時間を要したりなどの可能性があります。自営業をスタートさせる前に資金を減らすのは得策ではないですし、始めるのが遅くなってしまうとチャンスを逃すリスクが高くなります。ですから、質を重視しながらスピードを意識して進めるようにしましょう。すると、最高の時期に素晴らしいオフィスで自営業をスタートできます。

飲食店の開業を考える上で、避けては通れない必要なことと言えば市場調査です。立地、客層、単価、サービス内容に至るまで、それらの情報の収集が大きな強みになります。